<三重・鈴鹿市長>給食中止を撤回へ 市教委が相談せず通知

たった2食の給食、されど2食。子の給食をお休みするということで賛否両論ある用ですが、個人的には中止でいいのではないかと思っています。各自家からお弁当を突くっ来たり、コンビニで買ってもいいと思いますが、これにより全体的な給食費の値上がりかが回避できるわけですから問題ないと思います。しかし現在もまだ給食費の未払いが改善されずに問題は山積みになっているようです。早く子供手当から給食費の差引が行われればいいと思うのですが、なぜそう急に対策がおこなわれないのでしょうか。もらったものから支払うのは嫌でも、先に取られているものは仕方ないとあきらめがつくような気がします。

三重県鈴鹿市の末松則子市長は7日の定例記者会見で、野菜の価格高騰により今年度中に2日間、給食を中止するとした市教育委員会の方針を撤回する考えを示した。中止への批判が多いことに加え、市教委が市長に相談せず中止を決めていたことが理由という。

末松市長は「市教委の判断は遺憾。給食の回数を減らさないよう中止見直しの検討を市教委に指示した」と述べた。

市教委は野菜の価格高騰で予算内での調達が難しくなっているとして、市立の全30小学校と全13幼稚園で12月20日と来年1月12日の2回、給食を中止することを決め、10月25日に各校・園に通知していた。

市によると、末松市長は2日の新聞報道で、市教委が給食の中止を決めたことを初めて知った。報道後は市に対し、市民から電話やメールで「公費で何とかならないのか」「中止はやめてほしい」などの批判の声が約60件寄せられたという。

末松市長は「子どもは市の宝であり財産。給食には人一倍力を入れてきた」とした上で「市教委から事前に相談があれば、別の方法を考えられた」と述べた。【井口慎太郎】

シェアする

フォローする