ズワイガニ、異例の高値130万円 鳥取で初競り

カニ自体に130万円の値段がついたというよりも、宣伝広告費を兼ねた価格と言ってもいいでしょう。こうしてどこの自治体が競り落としたのかなど色々なニュースで話題になることで、広告を打たずとも話題になります。普通に考えて1匹130万円もするズワイガニを購入しようとは思いません。ただそれ以上に宣伝効果が得られるというわけです。以前寿司三昧の社長の店でも高額なマグロの競りが行われて話題になりましたね。客寄せパンダの役割を果たしているのです。

image

鳥取市の鳥取港で7日、漁が解禁されたばかりのズワイガニの初競りがあり、雄のズワイガニ(松葉ガニ)の1匹に130万円の値がついた。鳥取県水産課によると、100万円超は例がないという。

県内で水揚げされ、甲羅幅が13・5センチ以上、重さ1・2キロ以上など五つの基準を満たした松葉ガニには昨季から「五輝星(いつきぼし)」のブランド名を付けている。

130万円の松葉ガニは甲羅幅14・5センチで重さ1・28キロ。競り落とした中村商店(鳥取市)の中村俊介社長(48)は、最大震度6弱を記録した10月21日の地震で、県内の旅館・ホテルで延べ1万3千件以上のキャンセルがあることなどから、「少しでも鳥取県のPRになれば」と話した。(柳川迅)

シェアする

フォローする