岡山・倉敷で販売の缶詰にクモ混入か 製造のはごろもフーズ公表せず

最近では缶詰レシピという缶詰を使った専用のレシピ本すら出版されているほど、缶詰が主食としても注目されているのに、ここにきて缶詰の異物混入事件が多く目立ちますね。私もよく利用しているはごろもフーズからの不祥事に、なんだか他人事ではありません。家にだってストックのシーチキンがあるので、ちょっと開閉するのが怖いですね。食べる前によく中身を確認してから使おうと思いますが、仮に入っていなくても虫の入っていた調理器具と一緒に混ぜられて梱包された商品なので、なぜここで自主回収がされないのか不思議でなりません。

image

はごろもフーズ(静岡市清水区)が三重県桑名市の工場で2015年7月に製造し、岡山県倉敷市内のスーパーで販売されたフルーツの缶詰にクモとみられる虫1匹が混入していたことが4日、分かった。同社の缶詰を巡っては、14年12月製造のツナ缶にゴキブリとみられる昆虫1匹が混じっていたことが10月下旬に発覚している。

フルーツ缶を購入した同市の40代男性によると、同社は「ほかの商品に混入した恐れはなく、会社の基準を満たさない」との理由で公表していない。

同社から男性への報告書などによると、混入した商品は「朝からフルーツみかん190g缶」。15年11月、男性から「缶を開けたら虫が入っていた」との連絡を受けた同社が調査したところ、クモとみられる虫の混入を確認。製造工程の一つの加熱殺菌を経ていると推定され、この虫は製造室内に侵入、製品に混じったと判定した。

山陽新聞社の取材に対し、はごろもフーズは「お客さまの個別案件であり、報道への回答は差し控えたい」としている。

ツナ缶からゴキブリとみられる虫が見つかった問題で同社は10月28日、清水区にある下請け業者での製造を当面休止すると発表している。

シェアする

フォローする