将来の「iPhone」は折りたたみ式?–アップルが特許取得

Appleから折り畳み式の新端末が検討されているという噂があるようです。折畳式と言ったら昔懐かしいスタイルですが、よく彼氏彼女の浮気がはっかくして携帯がぱきっと折られるような修羅場もあったでしょう。私も過去に自分の携帯を2回負ったことがあるのでよくわかります。また開いたままの状態で下に置いておいて、その上からお尻でぱきっという悲惨な事故もあります。こういうことを考えると折り畳み式にするメリットが見つからないのですが、何かこれまでにない新しいデザインで私たちを驚かせてくれるのでしょうか。

「iPhone 7」は「iPhone 6s」に似すぎている、と酷評する声がある。しかし、ある新しい特許から、Appleは興味深いスタイルのiPhoneを将来登場させる可能性がうかがえる。

これを初めて報じたPatently Appleによると、米国特許商標庁(USPTO)が11月1日付けで、曲げたり折りたたんだりできるiPhoneに関する特許をAppleに付与したのだ。Appleは、しばらく前からこのようなデザインを考えていたらしい。USPTOによると、Appleがこの「Electronic devices with carbon nanotube printed circuits(カーボンナノチューブによるプリント回路を搭載した電子機器)」という名称の特許を出願したのは、2014年である。

折りたたみ式iPhoneとは面白そうだが、この発明がいつ、もしくは本当に実現されるかなど見当もつかない。例えば、サムスンは2016年4月にコンタクトレンズ型拡張現実(AR)ディスプレイの特許を取得したが、そのような技術は遠い将来のものだ。

Appleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

シェアする

フォローする