佐藤健「亜人」主演 「踊る」×「るろ剣」“500億円超”タッグで映画化

亜人は原作の漫画から読んだことがあるのですが、最初はちょっと怖く恐る恐るページをめくっていましたが、徐々に主人公に感情移入していくうちに、恐怖というよりも続きが気になって気付いたら最新刊まで一気に読み進めてしまいました。この漫画が実写化されるうえで主人公の男の子が佐藤健さんと決まって妙にしっくりきました。彼だったらこの役にぴったりかもしれない、というよりも彼以上の存在はいないのではないかと思ってしまえるくらいどんぴしゃでハマったのです。きっと私のようにこの配役に満足している人は多いでしょう。最大手の敵役である佐藤さんは誰が演じるのか気になるところです。

image

累計540万部を超える人気コミック「亜人」が実写映画化され、俳優の佐藤健(27)主演で来年公開されることが3日、分かった。不死身の新人類「亜人」を主人公にしたSFアクション。シリーズ累計407・3億円の「踊る大捜査線」シリーズを手がけた本広克行監督(51)が、佐藤主演で同125・8億円の大ヒットを記録した映画「るろうに剣心」のアクションチームと“500億円超え”タッグを結成し、実写化困難とされた映像表現に挑む。

佐藤が“不死身アクション”に挑戦する。演じるのは、どれだけ傷ついても再生し、死ぬことのない新人類「亜人」。トラックと衝突死したことで不死身であることが発覚し、人体実験をもくろむ国家、懸賞金目当ての人々、そして同じ亜人のテロリストらとの戦いに巻き込まれていく。

既成概念を超越したアクションが見どころの1つで、佐藤はスタントマンを使わず、ビルからわざと飛び降りる、あえて腕を切り落として敵を欺く、などの衝撃的な描写を、CGを駆使しながら再現する。

手がけるのは最強の“500億円チーム”だ。「踊る」シリーズ4作で興収400億円を超える本広監督は「みなさんに驚いてもらえるような世界初の映像体験をお届けしたいと思っています!」と気合十分。アクションは佐藤の殺陣が話題となり、シリーズ3作で100億円を突破した「るろうに剣心」と同じチームが担当する。

今週末にクランクインし、来夏に完成予定。冷血で他人を犠牲にすることをいとわないダークな主人公は佐藤にとって新境地とも言え、2年前にオファーを受けたときから「映画化する意義がしっかりと見えた。死なないという特性を利用して、今までにないアクション映画がつくれる」と撮影を待ち望んできたという。「極上なエンターテインメント作品に仕上がるのではないかと手応えを感じております」と腕を回している。

シェアする

フォローする