愛沢かりん

昨日のバラエティ番組で小学生相手にお笑い芸人が本気のネタ見せをするという企画をやっていたのですが、小学生とは本当に素直で時に人を傷つけます。相手を思いやるという気持ちをはぐくんでいる最中であるからこそ、失敗もあるのです。自分が思ったことをそのまま相手に伝えてしまう、素直でいいことですが、時にそれは相手の傷をえぐることもあります。無知程怖いものはないとよく言いますが、これは小学生にも当てはまるでしょう。自分が小さい頃にも同じように知らないところで誰かを傷つけていたのかなと思うと過去に戻って謝りたいです。

image

高級ソープクラブに行くと目の前にはお金を払っても相手してくれないような美しいお姉さん。

image

彼女との時間を買えたということは、お店のルールの範囲内で何をしてもかまわないという事と。

image

毎日ストレスに押しつぶされ祖になりながら頑張って働いてきた自分へのご褒美に見合ったサービスをしてもらいましょう。

image

申し分ないくらい美しい完璧なボディ、見ているだけで満足してしまいそうです。

image

全身隈なくチェックしていく男、これから自分の体に触れる女性の体を舐めまわすような視線で見つめます。

シェアする

フォローする