SMAPファンが新聞広告にメッセージ 9月のデビュー日超える投稿

この間のビストロスマップを見ていて思ったのですが、信吾くんの表情が強張っていて笑っていても目が笑っていませんでした。一部では鬱病も心配されていますが、もしかすると本当にそうなのかもしれません。うつ病患者特有の目になっているというか、以前のような愛されキャラクターは消え、グループの中でもとげとげした存在になっているような気がしました。もうすぐ解散になるので、最後までは和気あいあいとしたSMAPの姿を見せて欲しいのですが、このままの状態では残された2カ月も見ていて辛いモノになるかもしれません。

image

解散まで2カ月となった国民的アイドルグループ・SMAPのファンが1日、2日に渡って、新聞各紙の広告欄に大量のメッセージを掲載した。9月9日のSMAPデビュー日にも同様の事態が起こっているが、今回はファンがネットなどで呼びかけたことから、9月を超えるメッセージが届けられた。

東京新聞では「東京くらしネットToKToK」という読者からの投稿を掲載する広告スペース(有料)があるが、11月2日の紙面はSMAPへのメッセージであふれた。東京新聞担当者は、ファンがネットなどでメッセージ掲載を呼びかけていたことはある程度把握していたという。「これまでも20件程度、掲載があったこともありますので、それよりは少し多いぐらいかな、と思っていました」というが、実際には130件を超えるメッセージが寄せられ「予想以上というより、予想もできなかった」と驚いた様子。

東京新聞では、11月1日から3日までの日幅でメッセージを受け付けており、1日の同欄にも多くのSMAPファンからメッセージが寄せられている。

ファンの間では最初、ツイッターなどで11月1日をSMAPの日に、といった呼びかけがあり、それに賛同したファンが申し込んだものとみられる。

また、このメッセージジャックは東京新聞だけではなく、全国の地方紙でも起こっている。

ファンからは「ありがとう」「大好き」といった感謝の言葉はもちろん、「SMAP5人が手を離しませんように…」「5つの星は日本に必要です」「2017年も一緒に笑顔で」など、解散を惜しむメッセージも数多く寄せられていた。

シェアする

フォローする