平熱が35度台、増える「低体温」

子供は平熱が高い、なんていのは昔話になってしまったのかもしれません。最近では平均の体温が35度台の子供が急増しているようで、朝から活力が無く集中力欠乏などみられるのは、この低体温が原因かもしれません。朝食をしっかり食べさせていないご家庭が増えているのも問題ですね。朝食を食べた子供とそうでない子供の学力の差は歴然だそうです。例え一口でもいいので、朝起きてから学校に行くまでの間に何か口に入れる習慣をつけた方がいいそうです。今もなお子供の頃からの習慣で朝ごはんを食べない大人が増えていますが、これは仕事への効率も下がるので是非朝食の取入れを行っていきましょう。

image

平熱が35度台の「低体温」の子どもが増えている。体力や集中力の低下などの悪影響も指摘される。多くは生活習慣を見直すことで改善できるという。

「低体温」とは、1日を通じて体温がおおむね35度台と低めにとどまっている状態のこと。最近はそうした子どもが珍しくないという。全国の小児科医107人を対象に2012年、飲料販売のキリンMCダノンウォーターズ(東京)が行ったアンケート調査では「低体温の子どもが増えている」との回答が8割近くを占めた。

調査を監修した奈良県大和高田市立病院の小児科部長、清益功浩さんは「低体温は代謝が低下している状態でもあるため、疲れがたまったり風邪をひきやすくなったりします」と話す。

人間の平熱は、生まれた直後は37度以上で、生後100日で37度ほど、2歳頃で36度台に落ち着く。夜眠っている時は低く、日中活動している時は高く、という規則的な体温リズムで生活するようになる=イメージ図=。

低体温は、このリズムが崩れた状態だ。早稲田大教授の前橋明さん(子どもの健康福祉学)は「自律神経の働きが乱れ、体温調節がうまくいかなくなると、低体温になる」と話す。日中の運動不足で体温を上げる機会が少ないことも原因になるという。「低体温になると、登校・登園してげた箱の所でぼんやりと座り込んでいたり、午前中の授業が頭に入らなかったりといったことが起こってきます」と話す。
自律神経のバランス回復を

低体温を解消するには、自律神経のバランスを回復すること。そのためには、規則正しい生活が最も大切だ。

シェアする

フォローする