本物ヤクザはドラマと違う? 給料はいくら? 上納金は? 命狙われない? 専門記者に聞いてみた

本物のやくざとリアルなやくざ事情には差があるようです。以前は義理人情の世界だと思っていましたが、やくざの実態はビジネス。要は金になるからこそ入ってくるものも動くものもいるということですね。昔のやくざ映画を見ていると、実際のやくざも熱い人がたくさんいる物だと思ってしまいますが、意外とさっぱりしているのかもしれません。幹部クラスこそヤクザヤ暴力団に見えない身なりをしていたりします。私が20代前半の頃に勤めていた携帯ショップにクレームを延々続ける痛客がいたのですが、身なりの清潔なキリッとした黒スーツの男性が、どすの利いた声でその客を追い払ってくれたことがありました。その当時は間違いなくこの人はやくざだなと思ったものです。

image

ヤクザって、誰もがその存在を知っているのに、実態はよくわからない人々ですよね。ドラマのヤクザと本物ってどう違うの? 怖いけど、気になる。本人たちには聞けないので、ヤクザに詳しい専門記者に聞いちゃいましょう。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)
ごくせん VS 若者
ご紹介します。

朝日新聞東京社会部の緒方健二記者(57)。 暴力団など組織犯罪と事件の専門記者です。通称「ごくせん」。

迫力ある外見ですが、記者歴30年以上のベテランです。

緒方記者「記者生活の大半を事件、警察、裏社会取材に費やしてきた半端者です」

対する質問役は、大学生ら20歳前後の若者9人。 ヤクザに興味津々です。日頃の素朴な疑問をぶつけてもらいました。

緒方記者「今日は、こんな風体のヤツの話を聞きに来てくださって、ありがとうございます」

学生「(苦笑)」

ではさっそく、学生の皆さん質問をどうぞ!

学生「ヤクザって、どういう人がなるんですか?」

緒方記者「かつて取材したある組長は『自分たちは、社会にどうしてもなじめない人たちを受け入れる器なんだ』と言っていましたね。この組長によれば、さまざまな事情で就職できない人たちが少なくなかった、と。ほかには学校にも行かず、あるいは行けずに非行や犯罪を繰り返している少年たちも。親が『親分のところで鍛え直してください』と頼みこんでくるケースもあるそうです。最近は『楽にカネもうけしたい』と実態を知らずに入ってくる者も。この手の人はすぐに辞めるそうです」

学生「映画やドラマで見るヤクザって『義理と人情』を大切にするイメージですが、本物はどうなんですか?」

緒方記者「ああ、そうですよね。みなさんは高倉健さんってわかりますか? 2014年に亡くなった名優です。映画『鉄道員』のような、不器用で律義な渋いイメージがあると思いますが、若い頃はヤクザ映画でとっても人気を博した人なんですよ。1960年代に東映の任きょう映画がはやったんですが、鶴田浩二さんってご存じ?」

学生「……」

緒方記者「じゃあ、『網走番外地』っちゅう映画は!? 『昭和残きょう伝 唐獅子牡丹』は!?」

学生「……」

緒方記者「寂しいのう…。そういう東映映画がまさに『義理と人情』の映画でした。曲がったことは許さない。曲がったことをやる悪い人たちを、クライマックスで高倉健さんが日本刀をもって乗り込んで成敗するっていうね。任きょう映画がはやった頃は、映画を見て『俺もあの世界に入りたい』っちゅうてヤクザに憧れる人も多かった。ところが今は、『義理と人情』でこの世界を生きることはできません」

学生「では、今は?」

緒方記者「彼らのすべての行動の基本になっているのは、金です。取り締まる側の警察の人は、そう言いますね。義理と人情は死語といっていい。もちろんまだ、義理と人情を重んじる人はいますが、そういう人が組織の中枢に居続けるのは難しい」

シェアする

フォローする