<ハロウィーン>「自宅派」に菓子や装飾品も…商戦盛況

ハロウィンイベントでの興行収入は年々上がってきているようで、クリスマスやバレンタインをもしのぐ勢いで急成長しています。ハロウィンならではの仮装はもちろんのこと、皆で集まってパーティ三昧。ホームパーティでは個々に作ってきた料理を並べて楽しむこともあるでしょう。そうなると高い食材でもバンバン売れていきます。今年は大きなイベントはしませんが、我が家でもひっそりとハロウィン気分を味わえるような日にしたいと思っています。ハロウィンと言えばかぼちゃですが、我が家でかぼちゃを食べるのは私だけなので、作るのはイイのですが消費が難しいのでいつも頭を悩ませます。

image

10月31日の「ハロウィーン」を前に関連商戦が熱を帯びている。秋のイベントに定着し、市場規模はバレンタインデーを抜いたとみられる。今年は人気の仮装グッズに加え、家族や友人と楽しむ「自宅派」向けに菓子などを充実させる動きも出ている。

高島屋日本橋店(東京都)の地下1階の食品売り場。カボチャペースト入りのクリームを使ったケーキやエクレアなどハロウィーンをイメージした菓子が並ぶ。帰宅前とみられる男性会社員が、カボチャのおばけが描かれた缶入り菓子を購入する姿も見かけられる。高島屋は「自宅で楽しむ人が年々増え、今年はカボチャを使ったお菓子を充実させた」(広報)といい、売れ行きは好調だという。

菓子メーカーもハロウィーンは“稼ぎ時”だ。江崎グリコはポッキーなどのパッケージをハロウィーン仕様に変更した。さらに「ハロウィーンといえば食材のカボチャをイメージするが、定番料理がないのでシチューを定着させたい」(担当者)と31日を同社製品から「クレアおばさんのシチューの日」に制定してアピールしている。

一方、自宅などの装飾グッズも人気だ。ディスカウントストア大手「ドン・キホーテ」は昨年に比べて関連商品を2割増やした。定番化した仮装グッズに加え、自宅用のカボチャ型の照明器具や壁に張り付けるシールなども人気という。100円ショップ「ダイソー」もハロウィーンをイメージしたテーブルクロスなど自宅向けを充実させている。

日本記念日協会によると、今年のハロウィーン関連商品の国内市場規模は、前年比10%増の1345億円となる見通し。6000億~7000億円とされるクリスマスには及ばないが、バレンタインデー(1340億円)を初めて上回る見込みだ。同協会は「市場拡大は仮装を楽しむ人だけでなく、自宅でのパーティーなどを楽しむ人が増えたため。秋のイベントとして定着し、今後も市場は堅調に推移するだろう」と話す。【浜中慎哉】

シェアする

フォローする