10か月飛び続けるアマツバメ、鳥類の連続飛行記録を更新

アマツバメという種類の鶏が10か月もの間連続飛行していたことが確認されていたようです。その確認方法も気になりますが、寝る時も食べる時も飛び続けているという事でしょうか。眠りながら飛ぶという意味が分かりませんが、すぐに危険回避できるように熟睡というよりも軽く目を閉じるという感じなのでしょうか。私たち人間が歩いているのと同じような感覚なのかもしれませんが、10か月休まず歩き続けるなんて考えただけで頭がおかしくなりそうです。もしかすると外敵から身を守るために飛び続けているのかもしれませんが、交尾の際などはどうしているのでしょうか。個体によって差がある用ですが、驚きの新事実ですね。

image

【AFP=時事】こげ茶色の羽毛をした小型の鳥「ヨーロッパアマツバメ」が、10か月間にわたり一度も着地することなく連続飛行することが分かったとの研究結果が27日、発表された。空中で過ごす時間としては、知られている鳥類の中で最長だという。

ヨーロッパアマツバメが生涯の大半を飛行して過ごすとの仮説は、英国の研究者ロン・ロックリー(Ron Lockley)氏が46年前に初めて提唱していた。米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に発表された今回の研究結果は、その仮説を裏付けるものとなっている。

スウェーデン・ルンド大学(Lund University)の研究チームは、ヨーロッパアマツバメ13羽の背部に、重さわずか1グラムの超小型データ記録装置を取り付け、飛行状況や加速度、位置情報などを収集した。

ルンド大の研究者、アンデシュ・ヘデンストローム(Anders Hedenstrom)氏によると、ヨーロッパアマツバメは8月に繁殖地を出発して西アフリカ経由で中央アフリカの熱帯雨林まで移動する際、10か月後の次の繁殖期に戻ってくるまで一度も着地しないのだという。

同氏は「一部の個体は真冬に短時間、場合によっては一晩中、木に止まっていることもあるが、その他の個体はこの期間中、文字通り一度も着地しなかった」と説明している。実際に止まった個体もその期間はわずかで、10か月間の99.5%を飛行して過ごしたという。

研究チームによると、移動中の睡眠の有無やその方法については、まだ解明されていないが、毎日の明け方と夕暮れに高い位置まで上昇し、そこからゆっくりと降下する間に一眠りしている可能性があるという。グンカンドリなどの鳥も、滑空しながら眠ることが知られている。ヨーロッパアマツバメは飛行中に餌を捕まえ、日中は暖気の上昇気流に乗って滑空することでエネルギーを節約していると思われる。

「今回の発見によって、動物生理学に関する知識の枠が大幅に広がる」とヘデンストローム氏は語る。「10か月に及ぶ飛行期間は、知られている鳥類の中では最長で、新記録だ」

【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする