マジで怖いやつだこれ……! 「カイジ」のデスゲーム「鉄骨渡り」を体験できるPS VR用ソフト今冬発売

映画のカイジは見たことがあるのですが、お金持ちたちの信じられないようなゲームに貧乏人たちは命を懸けて挑みます。お金のない人間とある人間でここまで立ち位置が違うのかと思うと悲しくなります。貧乏人の命が安くて、裕福な人間の命が高いのはおかしいですね。産まれてきたときには皆同じ一人の赤子だったはずなのに、いったいどこでこんなにも差がついてしまったのか。この映画内で一番のメインイベントとなる鉄骨渡りがVRで体験できるゲームが発売されました。3Dよりもさらに迫力のある体験ができるので、まるで自分が高層ビルにかけられた鉄骨を渡っているかのような感覚になります。

image

マンガ「賭博黙示録カイジ」に登場した「鉄骨渡り」を体験できるPS VR用ソフト「カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~」がソリッドスフィアから発表されました。あのデスゲームをVR化したら、いくらなんでも怖すぎるでしょ!

「絶望の城」編で描かれた「鉄骨渡り」のストーリーをゲーム化したもの。プレイヤーは参加者の1人になり、コントローラーでバランスを取りながら高所に横たえられた鉄骨を渡りきることを目指します。

主人公「カイジ」や「佐原」「石田」などのキャラクターが登場し、作中のシーンの再現も。次から次へと周囲の人間が落下死を遂げていく恐怖感を体感できそうです。価格は未定で、発売は今冬を予定。

シェアする

フォローする