元女優・高樹沙耶容疑者 大麻所持の疑いで現行犯逮捕

高樹沙耶容疑者が自宅で大麻を栽培していたとして逮捕されました。彼女は元々大麻を医療大麻として利用することを推奨してきた人です。なのでこの栽培していた大麻も医療で使うために栽培していたのかもしれません。医療大麻はこの日本では認められていませんが、海外ではごく普通に利用されています。国が違えば犯罪にならなのですが、この日本の法律の中では彼女も犯罪者になってしまいます。しかし実際常用することで幻覚や幻聴などが聞こえる副作用もあるので、私個人としては幻覚を見てしまうような薬の使用は怖いなと思いました。

image

女優の高樹沙耶こと益戸育江容疑者(53)が大麻取締法違反(所持)の疑いで厚生労働省の麻薬取締部に現行犯逮捕されたことが25日、分かった。

移住先の沖縄県石垣島で大麻を隠し持っていたという。同容疑者は「私の物ではない」と容疑を否認している。

医療用大麻の合法化を訴え、今年7月の参院選には新党改革から東京選挙区で立候補したが、落選した。

2008年から「エコ活動を本気でするため」と本名(益戸育江)で活動を開始。12年には所属事務所を辞め、千葉県南房総市から沖縄県石垣市に移住し、エコ活動を続けてきた。

参院選出馬表明の会見で、「医療用大麻の推進を訴えていきたい」と持論の医療用大麻の合法化を公約に掲げた。「海外のさまざまな医療機関で使われているが、我が国では麻薬という誤解を受けていて研究すら難しい」と指摘。認知症の予防やがんやリウマチに効果があるという海外の研究結果もあるといい「自然の生薬を使って健康になるのであれば、直ちに使った方がいいと思う」と主張した。

シェアする

フォローする