平幹二朗さん急死 「カインとアベル」出演中…24日放送分は出演場面カットせず

「カインとアベル」のドラマ放送中に出演している俳優の平幹二朗さんがなくなってしまったようで、代役との差し替えが行われるようです。第二話まで見ましたが結構重要な役割のような雰囲気でしたので、代役が当てられても違和感が生まれそうです。急死という事になりますが原因はいったいなんだったのでしょう。これだけお仕事をされている方なので疲労などもたまっていたのかもしれません。周囲の人間は彼の死に驚きと悲しみでいっぱいでしょう。彼が出演した数々の作品は多くの人の心の中に消えずに残ります。

image

俳優の平幹二朗(ひら・みきじろう)さんが死去したことが23日、分かった。82歳。広島市出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。舞台や映画、ドラマなどで長く一線で活躍。フジテレビ系で放送中のドラマ「カインとアベル」(月曜、後9・00)に、Hey!Say!JUMPの山田涼介(23)演じる主人公・優の祖父役で出演していた。

平さんと連絡が取れなくなった関係者が自宅へ向かうと、浴室で亡くなっていたという。女優・佐久間良子(77)と1970年に結婚し、1男1女をもうけたが、84年に離婚した。俳優の平岳大(42)は息子。佐久間にも訃報は伝わっているという。

フジによると、24日の「カイン-」第2話は平さんの出演場面をカットしないで放送する。死去の説明を挿入するかは未定という。関係者によると、9月29日の収録時は元気だったという。代役は検討中とした。

平さんは、1956年に俳優座入団。若手ホープとして注目を集めた。俳優座退団を機に浅利慶太演出の「ハムレット」で新境地を開いた。その後、蜷川幸雄さん演出の作品にも多数出演。主な作品に「王女メディア」「近松心中物語」「NINAGAWAマクベス」などがあり、海外でも高く評価された。映画デビューは1956年の「森は生きている」。NHK大河ドラマは「樅の木は残った」(70年)、「国盗り物語」(73年)で主演を務めている。

84年に芸術選奨文部大臣賞を受賞。88年に都民文化栄誉章、98年には紫綬褒章、05年には旭日章綬章を受章している。

シェアする

フォローする