本田望結「すごくうれしい」 自身最高6位で初入賞

本田望結ちゃんは家政婦のミタに出演したことで広く認知された子役ですが、それ以外にもフィギュアスケートでも才能が開花しています。小さい頃からやっていたようですが、もしも自分に女の子が生まれたらやらせたいなという競技です。もう自分には無理かなという思いがどこかにあります。というより家にキックボードがあってたまに子供と一緒にやることがあるのですが、一つの足に体重を乗せて走るというものは見た目以上にしんどいもので、もう片方の太ももに物凄く負担がかかります。日頃からトレーニングを積んでいるにしても、足の筋力は半端ではないでしょう。

image

「フィギュアスケート・全日本ノービス選手権」(23日、尼崎スポーツの森)

女優の本田望結(12)=京都醍醐ク=がノービス女子Aに出場し、86・02点で同大会自身最高の8位を上回る6位で初入賞した。ジャンプのミスはあったが、表現力と繊細な演技で観客を魅了。「内容的には満足ではなかったけど、初めての入賞ですごくうれしい」と笑顔を咲かせた。

ドラマ主演など多忙な毎日。支えはきょうだいの絆だ。前日のノービスBで4位の妹・紗来(9)は観客席から声援。姉で昨季の世界ジュニア女王、真凜(15)からは試合前に「お手紙をもらいました」と明かした。内容は秘密にしたが「しっかり次につながる演技ができた」とエールに応えた形だ。

来季はジュニアに参戦する。競争は激しくなるが「お姉ちゃんについていきながら妹にも負けないように頑張りたい」と誓った。

シェアする

フォローする