<山で不明>13日ぶり救助 53歳男性、わき水飲み 奈良

山のがけから滑落し、2週間もの間遭難していたという男性が救助されました。彼は遭難中山の湧水を飲んで過ごしていたという事ですが、2週間何も食べずに水だけを飲んでいても生きられるものなのですね。運命の分かれ道は、滑落したことにより体に痛みがあり、何日もその場にとどまっていたそうです。ここで道をさ迷い歩き続けていると体力の賞もに繋がり、もしかすると救助されることなくなくなっていたかもしれません。よく遭難したらその場を動かずに体を休めるといいとテレビでも放送されていました。自然に体の痛みがあった男性は実行していたという事ですね。

image

奈良県天川村の弥山(みせん)(1895メートル)に登山に入った島根県土木部長、冨樫篤英さん(53)=松江市内中原町=が今月9日朝から行方不明になり、22日正午ごろ、弥山山頂から北西約4キロの栃尾辻近くの登山道にいるところを13日ぶりに登山者の男性(48)が発見した。冨樫さんは奈良県のヘリコプターで病院に搬送され、衰弱しており、腰などの骨を折っていた。奈良県警吉野署によると、冨樫さんは「わき水を飲んで過ごし、滑落した(崖の)下からはい上がってきた」などと話しているという。

吉野署によると、発見した登山者の男性が声を掛けると、冨樫さんは「2週間ほど遭難していた。たった今、下からはいあがってきた」と話し、男性が持っていたおにぎり2個を手渡すと食べたという。冨樫さんは9日に滑落し、2日ほど体が痛くて動けず、3日目に近くにあったわき水を初めて飲んだ。21日になり痛みが和らぎ、天気もよくなったので、山を登り始めたという。ヘリで救助に当たった県防災航空隊によると、冨樫さんは「2週間ほど何も食べていない」と話したという。

冨樫さんは8日に天川村の登山口から単独で入山したとみられ、9日朝に山頂近くの弥山小屋を出発後、連絡が取れなくなった。家族が11日に奈良県警に届け出て、吉野署などが捜索していた。

島根県によると、冨樫部長は登山が趣味で、県庁でも山登りの写真を部下に見せたりしていたという。冨樫部長は国土交通省から出向し、2013年に県土木部次長、14年に県土木部長に就任した。【日向梓、栗栖健、根岸愛美】

シェアする

フォローする