『真田丸』出演・哀川翔 現場でクワガタ捕まえる

クワガタやカブトムシが大好きということで多くの人に知られている哀川翔さん。以前、テレビでもご自宅にあるコレクションを披露していました。1匹虫とは思えないような高額な種類もあるようで、それを何の許可もなく急に買ってくるとしたら奥さんは黙ってはいられません。もしも私が彼の妻であれば、絶対に自宅に虫を連れ込んでほしくありません。もしも虫かごから脱走するようなことがあれば、家に帰れなくなってしまいます。自分が子供の頃には普通に虫かごに色々な虫を飼育していましたが、今では考えられません。

image

とうとう終盤・大坂の陣編に突入し、クライマックスを迎えるNHK大河ドラマ『真田丸』。大坂の陣で豊臣軍の主力となった大坂牢人五人衆の1人で、真田幸村(堺雅人)の最大の理解者である後藤又兵衛(基次)を演じる哀川翔(55才)が、自身の演技や撮影現場のエピソードなどについて語った。
――大河ドラマのオファーが来たのは、いつですか?
哀川:昨年の秋くらいに、たまたま三谷(幸喜)さんとテレビの収録が一緒になる機会があって、「いい役だから大河やってよ、哀川君」って言われたんです。「いい役だったらいいよ」って答えました(笑い)。その時はまだ、又兵衛とは言われていませんでしたね。
――又兵衛の縁の地を回られたそうですね。
哀川:はい。11月くらいに放送予定の、テレビ番組の企画でした。関ヶ原に行って、黒田藩の陣地と三成の陣地、両方から眺めてきましたよ。それから大坂城を見て、真田丸の跡地も見ました。そして又兵衛の出生の地の兵庫県姫路市に行って、そこで後藤家の25代目のご子息に会いました。さらに福岡県にある又兵衛が城主だった大隈城跡に行ってきました。
地元の人の又兵衛愛が半端じゃないんです。昨日までそこで生きていた人のような、「隣のおじちゃんがね」という感じで、「後藤又兵衛がね」って話しているんです。それくらい愛されていました(笑い)。
そこには、単に戦好きだけではない又兵衛の魅力が隠されているんじゃないかなと思いました。地元の人の話と台本を照らし合わせて、又兵衛像が深く思い描けたので、事前に縁の地を見て回れたのは良かったです。
――又兵衛の魅力は?
哀川:義理堅いんですよね。なぜ大隈城と1万6000石を捨てて、黒田家から出奔したのか、そこにも面白い謎が隠されていると思います。黒田長政の奉公構(他家に再仕官ができなくなる刑罰)の措置のため、居場所がなくなった状況ではあったと思うんですけど、旅先で又兵衛を囲う人間が出てくるんです。追い詰められた感はあるんですけど、又兵衛はいろんな人と出会いながら、大坂城に入ったと思います。

シェアする

フォローする