夢実あくび



細かいしがらみよりも結果全ての人気だけで活躍できる彼女らの方がよっぽど分かり易くて良いです。

幾ら有名でもあっても仕事は信用信頼が第一。騒動を起こしたとなれば、高いネームバリューが逆に自身を貶める結果にも繋がるのです。事務所との関係やその他事情がどうあるのかは全然ですけど、この内容だけ見るとこれまで協力してきた人たちを裏切ったって印象しか残りませんね。まあこれで事務所が1年も残っていたら逆にビックリなので、関心薄い人間としては生き残ってくれた方が面白いです。件の演出家についての詳細が同性と言う事しか分かっていないので、判断材料は殆どありませんけど…この段階ではグレーを疑わずにはいられませんね。


能年玲奈、6月末で所属事務所と契約終了 独立後、活躍の場は存在するのか

 2013年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に主演し、人気を博した女優の能年玲奈(22)に引退危機が一部で報じられて話題を集めている。

最悪の場合このまま芸能界引退も

 能年は、「あまちゃん」で一躍国民的女優となり、14年8月公開の主演映画「ホットロード」で「日本アカデミー賞」の新人俳優賞を獲得するなど活躍をみせた。

 だが、昨年4月に所属事務所からの独立騒動が勃発。

 能年は所属事務所に無断で、長年にわたって演技指導を受けてきた演出家の女性と個人事務所を設立。

 その後は、所属事務所サイドが映画やドラマの出演作の打ち合わせや契約交渉の場を設けても応じなくなっていたという。

 そして、今年6 月いっぱいで能年と所属事務所との契約が切れることから、最悪の場合このまま芸能界引退の可能性もあることが、最近になって一部メディアで報じられた。

 芸能プロダクションのマネジャーは明かす。

 「能年さんの件に関しては、人気女優の独立騒動ということで、業界内でも以前からかなり注目を集めていました。所属事務所の方はなんとか関係性を取り戻そうと交渉を打診していましたが、能年さんサイドが頑なに拒み、没交渉の状態が続いていたようですね。いくら売れっ子といえども、きちんとした“窓口”がない限り、テレビ局や映画会社、CMクライアントなども仕事を振りにくいというのが業界の実情。独立騒動はイメージも良くないし、このまま事務所を退社するとなると、かなり厳しい状況になるのではないでしょうか」

厳しい意見が大勢を占める業界内

 そうした中、演出家のテリー伊藤氏はコメンテーターをつとめるTBS系情報番組「白熱ライブ ビビット」で、能年に一番必要なことは「お金でなく、いい仕事」といい、「ある程度、大きな事務所に入って健康的な仕事をすること」とコメントしている。

 宮根誠司アナウンサーはMCを務める日本テレビ系情報番組「ミヤネ屋」で、所属事務所とのこれまでの経緯を振り返り「芸能界はもちろんですけど、一般の会社にしてもそうですけど、事務所に内緒で、無断で事務所をつくるというのはルール違反」と指摘。

 そのうえで、「事務所としては能年さんを大事に育てているというのがあったと思う」とし、「最後の最後に守ってくれるのが所属事務所」と話している。
 
 業界内の見方としては、能年の才能を惜しみエールを送る一方で、今後を危惧し、独立騒動に対しては厳しい意見が大勢を占めている印象だ。

タレントの独立騒動や移籍騒動に業界内の目が厳しい理由とは?

 芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

 「能年さんにもそれなりの言い分はあるでしょうし、所属事務所との契約内容を知らないので、一概に言い切れない部分もありますが……。それでも能年さんが女優として今の地位を築けたのは本人の才能や努力はもちろん、所属事務所のバックアップがあってこそ。移籍したタレントなどは別として、基本的に芸能プロは才能があると見込んだ新人タレントを育てるにあたり、レッスンを受けさせたり、売り込みをしたり、プロモーションを展開したりと、かなりの“初期投資”をします。この初期投資というのは、なにもお金の話だけでなく、時間だったり、人手をかけたり、そうした諸々の要素も含んでのことです。タレントがある程度売れるまでの間は、所属事務所がほとんど持ち出しで、そのタレントの才能を何とか開花させようと、ひたすら“投資”するわけです。もちろん、投資したからといって売れるとは限らないし、結果、陽の目を見ないタレントの方が大半です。そうした下積み時代の恩があるからこそ、多くのタレントは多少契約に不満があろうと、ほかの事務所からもっと良い条件を提示されようとも“古巣”を大切にするし、タレントの独立騒動や移籍騒動に対して業界内の目が厳しいのはこうした背景があるからでしょう」
.

大手事務所と仕事をするメリット

 さらに、民放テレビ局の編成担当は、タレントの独立に関するリスクを指摘する。

 「売れっ子タレントを数多く抱えている事務所を敵に回すと、当事者の事務所はもちろん、取引のある別の事務所からも“共演NG”にされたり、仕事の幅を狭めることになりかねません。それに、我々が大手事務所と仕事をするメリットとしては、不測の事態にも対応してくれるという要素があります。例えば、タレントさんが体調を壊して突然予定していた番組に出られなくなったりしても、代わりのタレントをすぐに用意してくれたり、迷惑をかけたからという理由で別の番組に売れっ子を出演させてくれたりと、関係性が深まっていきます。もちろん、こうした“お付き合い”に関しては、しがらみができるといったマイナス要素もありますが、トータル的にみればプラスの部分の方が大きい。個人事務所となるとこうはいきませんからね。最近では個人事務所に所属しながらも、大手事務所と業務提携という形で契約しているタレントさんも多いですしね」

 となると、気になるのは能年の今後だが……。

 「言われているように、個人事務所を窓口に芸能活動を続けていくとなると、所属事務所の存在もあり、テレビや映画、CMといった仕事に関しては難しい部分があるでしょう。可能性があるとすれば、それほど業界内の“しがらみ”のない舞台を中心に活動していくということになるのでしょうが、それはそれで大変だと思うし、大幅に露出が減るのは間違いないでしょう」(前出のマネジャー)

 テレビや映画で再び能年の笑顔を見る日は来るのか?

シェアする

フォローする