大橋未久

人生はたった一度きり、そう思い立ち50歳を過ぎてから夫婦で山奥に移住し、第二の人生を始めるご夫婦を以前テレビの特集で見ました。学校を卒業後すぐに就職した先で何十年と働き、退職を前に自ら辞めることを選び、山の中で新しく小さなパン屋を始めるのです。もともとパン造りは好きだったそうですが、趣味の延長のような感覚でしょう。週に4日だけの営業でゆるく経営している感じは羨ましい限りです。長年頑張ってきて貯蓄があるからこそできるチャレンジですね。残りの3日間はパンに使うための材料を調達しに行ったり趣味の山登りをしたりと自由気ままな生活で、自分もそんな風に年を取りたいなと思いました。

image

ブラジルでは大きなお尻程女性らしく魅力的だとされていますが、日本人は小ぶりが多いですね。

image

胸にかかるほどのロングヘアが大好き、そんな彼の言葉に影響されきれずに伸ばしている髪。

image

細いからこそ実現される盾に伸びたおへそ、おへとは本来こういった形なのです。

image

ベッドの上では彼女のペースになるのか、男が引っ張っていくのか重要な分かれ道です。

image

自慢の綺麗な桃尻を見せつけられて、じっと動かずに待ってられる男はいません!

シェアする

フォローする