安室奈美恵、鳥取地震でライブ中止「安全を第一」

安室奈美恵さんは年を取らないことで有名ですが、もう39歳だったことに驚いています。20代の頃からその容姿は変化することなく、むしろ年々美しくなっていくのは気のせいでしょうか。あれほど年齢を感じさせない女性もなかなかいないでしょう。若い頃には車の中で彼女の曲を爆音で聞いていました。今は周囲の危険をいち早く察知するためにもステレオの音量は最小限に抑えるようにしています。身の心も成長した証拠ですね。

image

歌手安室奈美恵(39)が21日に鳥取県で開催予定だったコンサートの中止が発表された。

21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部で震度6弱の地震があり、岡山県北部などで震度5強、島根県隠岐などでも震度5弱を観測した。

これを受け、安室の公式サイトは「現在、公共交通機関の多くがストップしていることと、お客様の安全を第一に考え、本日の鳥取公演を中止とさせていただきます」と発表。振替公演は行わないとのこと。「公演を楽しみにしていただいたお客様には誠に申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます」とした。

このほか男性2人組音楽ユニット吉田山田は、22日・23日に開催が予定されていた「第46回 鳥取看護大学・鳥取短期大学シグナス祭」の中止にともない、23日に出演予定だった自身のライブ中止を公式サイトで発表した。

シェアする

フォローする