正式名称は「Nintendo Switch」 任天堂、据え置きとしても携帯型としても遊べる新型

新しいゲーム機器が時代と共に増え、もう操作の仕方も分からないようなゲーム機が溢れ返っています。昔のような平面を走るだけの単純なゲームではなく3Dで横にも億にも上にもどこにでも向かっていけるようなゲームが当たり前になりました。これは使い手側のスキルも問われるゲームです。ゲームが難しくなったと言ってもいいでしょう。誰でも気軽に始められるものというよりも、ある程度楽しむためには相当な練習が必要とされます。私はWiiあたりからもうついていけなくなってしまったので、ここ最近はゲーム離れしています。

image

任天堂は10月20日、来年3月に発売する次世代ゲーム機の姿を公開した。正式名称は「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」に決めた。

【据え置き型にもなる新機軸】

これまで開発コードネーム「NX」と呼んでいた次世代機。本体にディスプレイを備えるのが特徴で、テレビなど家庭のモニターとHDMIケーブルで接続された「Nintendo Switchドック」から本体を取り外すだけで、ゲーム画面がモニターからNintendo Switch本体上の画面に瞬時に「スイッチ」(切り替わり)し、「家庭用据え置き型テレビゲーム機品質のプレイ」がテレビの前にとどまらず、持ち出せるようになる仕掛けだ。

本体から着脱可能なコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」を採用し、1台で自宅でも外出先でも遊べる。

パートナーとしてスクウェア・エニックス、バンダイナムコ・エンターテインメント、カプコンなど国内ゲームメーカーのほか、Bethesda Softworks、Electronic Arts、Activisionなど海外大手も参加を表明している。

価格など詳細は今後公開するとしている。

シェアする

フォローする