戸田恵梨香、10年ぶり『デスノ』ミサミサ役に重圧「どこを取り戻すか」

もうあの頃ミサミサを演じた戸田恵梨香さんも10年という月日が経ってしまったことに驚きました。私の中で戸田恵梨香史上最高にカワイイ役だったと思います。彼女にぴったり合っていたというかはまり役でした。彼女以上にミサミサを演じられる女優さんはいないでしょう。それから10年経った新しいデスノートでは、どんなミサミサが見られるのか楽しみです。当時のような可愛らしい姿がまた見れたらいいのですが、大人の女性の魅力がたっぷりな現在の戸田恵梨香さんも素敵です。彼女自身も10年前に演じたミサミサを改めて演じることにかなりのプレッシャーを感じているようです。

image

女優の戸田恵梨香(28)が20日、都内で行われた映画『デスノート Light up the NEW world』(29日公開)ジャパンプレミアに出席。前作の『デスノート』に引き続き、10年ぶりにミサミサこと弥海砂(あまねみさ)役を演じたことについて「同じ役を10年ぶりにやるというプレッシャーは、すごく大きかったです」と明かした。

会場から「ミサミサー!」の大歓声で迎えられた戸田は「まさか『デスノート』をまたやるとは思っていませんでした」とにっこり。前作で海砂を演じた感想を聞かれると「当時はデビューして1年も経たない、ど素人だったので撮影とかはいっぱいいっぱいでした。大きなスクリーンで自分の名前が上がって来るのも、初めてでした。自分にとって大きな存在で、かけがえのないものですね」としみじみ語った。

海砂の立場の変化についても言及し「ミサミサ自身がアイドルから女優になったという変化があって、10年前の作品が参考になるようでならない部分もあって、どこを取り戻してどこを捨てるのかっていうのが難しかった」と役作りでの苦労を告白。共演者の菅田将暉から「ミサミサにお会いできて、大興奮でした。けっこうバクバクでした」と憧れのまなざしを向けられるも、すぐさま「そんなことなかったよね!」とツッコミを入れて、会場の笑いを誘っていた。

藤原竜也演じるキラこと夜神月と、松山ケンイチ演じるLが対決してから10年後を舞台に、6冊のデスノートをめぐって大混乱に陥る世界を描いた今作。世界中のネット回線がジャックされ、キラによるメッセージが発信され、再びデスノートによる連続殺人がぼっ発する。ジャパンプレミアにはそのほか、東出昌大、池松壮亮、川栄李奈、船越英一郎、佐藤信介監督も出席した。

シェアする

フォローする