パナソニック、次世代型「透明ディスプレー」テレビを19年度にも国内販売

テレビの画面の背景がそのまま透けてみる「透明ディスプレー」が次世代のテレビとして研究されているようです。背景が透けて見えることに特に私としては何のメリットも感じないのですが、使い方によっては、需要性もあるのでしょう。携帯電話もテレビも年々進化を遂げて、使い手側の方が追いつかなくなっています。余るほどの機能を未だに使いこなせていないので、テレビのリモコンに付いた無数のボタンが、未だに何のためについているのか理解していないモノがほとんどです。私でこんな感じなので、年配の方はさらに不要に思っていることでしょう。

image

パナソニックが、画面の背後が透けて見える「透明ディスプレー」を採用した次世代テレビを2019年度にも国内で発売する方向で検討していることが19日、分かった。また、すでに欧州で販売している高画質の「有機EL」を採用したテレビも、来年度中に国内で発売する。20年の東京五輪開催に向けた特需などを見込み、新製品の投入を加速させる。

次世代テレビは、画面が厚さ3ミリ程度のガラス状のパネルで、棚の扉や引き戸のガラス部分に取り付けることもできる。普段はインテリアのガラスのように見え、必要な時に画面に触れれば、テレビ映像やインターネットの情報が表示される。従来のテレビのように置く場所に気を使う必要がなく、棚などに取り付ければ設置する高さも自由に変えられる。

試作品は、今月開催されたアジア最大級の国際IT(情報技術)展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン」などで公開された。今後は製品化にむけて透明度を向上させ、市場動向を見極めつつ正式に販売を決める。住宅メーカーと連携した販売や、業務用にディスプレー単体での販売も視野に入れている。

今年9月まで1年間の国内薄型テレビ販売台数で、パナソニックはシャープに次いで2位だった。

今後は、フルハイビジョンの4倍の解像度「4K」に対応するテレビなどとともに、次世代テレビや有機ELテレビを投入し、19年度にも国内トップシェア獲得を目指す。

シェアする

フォローする