豆乳からとろけるチーズ、乳製品アレルギーなし

乳製品のアレルギーで今までチーズを食べたことがない、もしくはある年齢までは食べていたけど急に食べられなくなってしまったという方はたくさんいるでしょう。美味し層ともいながらも食べることを体が受け付けないのは悲しいことです。しかしこのたび豆乳からチーズを作り出すことに成功したようで、乳製品アレルギーの方たちにとって希望のチーズが生まれるようです。トロットとろける感じはまさにチーズそのもの、肝心の味の方も気になりますが、チーズ好きの私としては、この新商品も是非試してみたいです。もしかすると低カロリーでダイエット中の間食にもいいかもしれませんね。

牛乳から作る本物のチーズと同様に、加熱するととろける。学校給食用などに10月から売り込んでおり、乳製品アレルギーの子どもの強い味方になりそうだ。

不二製油によると豆乳には発酵を妨げる油分が含まれ、チーズにするのが難しかった。この油分を含む生クリーム状の「豆乳クリーム」を分離することで、牛乳由来と遜色ないチーズに仕上がったという。飲食店や食品メーカーなどに原材料として販売する。

文部科学省が2013年に行った調査では、食物アレルギーに苦しむ児童・生徒の割合は07年から1.9ポイント増の4.5%(約45万人)に増えた。給食でチーズを食べた児童が死亡する事故も起きている。

シェアする

フォローする