<長寿医療研>多様な食事で認知症リスク減

数々ある病気の中でも忘れてしまう、記憶がとぎれとぎれになる病気が中でもトップに入るくらいなりたくない病気と言えるでしょう。しかし現状は認知症になる割合は急増しています。大切な人たちの名前や存在を忘れ、最終的には自分が誰なのかも分からずにただただ毎日を過ごすことになります。認知症で苦しむのは本人よりも周りの家族です。自分の存在を否定されてしまったかのような虚無感に襲われますが、本当はどこかで絶対覚えていてくれているはずだというひとかけらの希望を持ちながら介護に当たります。長年連れ添った夫婦でも認知症相手となると疲弊しきってしまうパターンが多く見られます。

日々の食事で多様な品目の食品をバランスよく食べている人は、そうではない人に比べ、認知症につながる認知機能が低下する危険性が約4割低いことが、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の調査で分かった。多様な栄養素や食に関する行動が、脳に好影響を与えている可能性があるという。日本老年医学会英文誌に発表した。

同センターの大塚礼室長(栄養疫学)らは、大府市と同県東浦町に住む60歳以上の約1200人を対象に、30点満点の認知機能検査を2000年から12年にかけて複数回実施した。そのうち初回が28点以上だった60~81歳の570人について、連続3日間の食事の献立調査を実施。穀類や野菜、肉などの食品摂取量から食事の多様性を数値化した。

食事の多様性の数値が高い順に4グループに分け、認知機能検査の2回目以降の点数との関係を調べた。その結果、食事の多様性が高いグループほど認知機能検査の点数が下がりにくい傾向が見られた。食事の多様性の数値が最も高いグループは、最も低いグループよりも認知機能が低下する危険性が44%低くなった。

大塚室長は「脳の認知機能は、多様な栄養素によって維持されていると考えられる。また、バランスのよい食事をとるには、買い物や調理などの準備も必要で、そうした行動も脳によい影響を与えているのだろう」と話す。【野田武】

シェアする

フォローする