乳児用の液体ミルク、解禁へ…育児の負担軽減

地震大国であるこの日本では、震災がある度に必要とされてきた液体ミルクですが、このたび遂に解禁となりました。粉ミルクでは本当に物資が無い場合に水がとても貴重になります。ましてやお湯なんて身近に必ずある者ではないので、ミルクのみで栄養をとる乳児としては必要不可欠。すぐにでも対応してほしい食品でしたが、液体ミルクとは一体どのようなものなのでしょうか。ちょっと甘めのコンデンスミルクのようなイメージですが、少し試飲してみたい気もします。消費期限などどのくらい保管ができる物なのかどうかも気になりますね。

image

政府は、国内での販売が認められていない乳児用の液体ミルクを解禁する方向で検討に入った。

液体ミルクは、現在普及している粉ミルクに比べて乳児に飲ませる手間が少なく、販売解禁で育児の負担軽減が期待される。政府は2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め、必要なデータなどがそろえば、食品衛生法に関する厚生労働省令など関連規定を改正する方針だ。

乳児用のミルクは、成分が牛乳よりも母乳に近く、乳児に必要な栄養素が加えられている。欧米で広く普及している液体ミルクは、ペットボトルなどに乳首型の吸い口を装着する使い切りタイプの製品が多く、封を開ければすぐに飲ませられるのが特徴だ。

しかし、粉ミルクが主流の日本では、乳児用乳製品の規格を定める厚労省令や消費者庁通知で「粉末状」など粉ミルクを前提にした文言が使われ、液体ミルクは想定していない。

シェアする

フォローする