北海道民は釣ったサケをバットでシメるらしい 真相を確かめた

アニメの中の話ですが、新鮮な魚がいけすの中で暴れまわって自分自身の体を傷つけないために、神経を麻痺させるツボをついて動きを止める技がありました。これと同様なことが現実にも行われているのですね。このツボを知っていて、一瞬で身動きを止める技を習得している達人はどれほどいるのでしょうか。確か水族館の魚を運ぶ際にもこれと同じような方法で輸送していたような気がします。魚たちにストレスがあまりかからないように眠らせた状態で運び出すのです。動物にとって大きなストレスは死因の原因にもなります。以前動物園から交尾のために運ぶ予定だったキリンがストレス死してしまったのは衝撃でした。

image

北海道の釣具屋にバットが売られている。何に使うか店員に聞いたところ、「釣ったシャケをこれで殴って殺す」と教えてもらったというツイートが話題です。サケ釣りでこのバットを使うのは一般的なの? BuzzFeed Newsは、札幌市にある「釣り具センター 西岡店」の葛西誠さんに聞きました。【BuzzFeed Japan / 井指啓吾】

サケ漁の必需品「サーモンバット」

葛西さんによれば、このバットは一般的に「サーモンバット」と呼ばれているそう。サケが釣れる北海道ならではの釣り具のようです。

「釣り上げたサケ(アキアジ)を〆(しめ)るためのものです。暴れるサケの脳天を殴って、おとなしくさせるために使います」

「刺身にする魚は、生臭さを消すために、釣り上げた後にエラに刃物を入れて血を出します。サケの場合は刺身にするケースが少ないため、殴っておとなしくさせて、そのまま持ち帰るのが一般的です」

サーモンバットにはどういった種類があるのでしょうか。

葛西さんによれば、全長50cmほどの木製の硬いものが多く、木の中に鉛を入れて重くしている場合もあるそうです。8~12月のサケ漁シーズンに限り、よく売れるとのこと。

さらに、こんな情報も。

「今年、金属製のサーモンバット(冒頭写真のバット)も発売されました。かなり重みがあります」

金属サーモンバット、なぜ発売?
「木製のサーモンバットを作ってほしい、というご要望をいただいていたのですが、今さら木製を出してもなあ……という思いがあり……」

BuzzFeed Newsにそう語るのは、金属製サーモンバットを製造した釣具メーカー「ナカジマ」の吉田さん。

木製サーモンバットの製造に取り掛かる前に、ちょうどいいサイズの金属バットを見て、サーモンバットに転用することを思いついたといいます。

今シーズンは約1000本を卸したそう。お店での評判も上々だそうです。

「今年始めた商品なのでまだなんとも言えないのですが、珍しくて面白いものなので、すんなり受け入れてもらえたみたいです」と吉田さんは笑いました。

「今のところ、うちだけだと思いますが、来年以降は出てくるかもしれませんね」
これも一応聞いておいたよ
サーモンバットは野球でも使えるのでしょうか。釣り具センターの葛西さんは、こう教えてくれました。

「使えるとは思いますが、使っているのを見たことはないです。サイズ的に、幼い子ども向けのバットによさそうですが、サケを〆るための鈍器のようなものなので、あまりオススメはしません」

サーモンバットは用法を守って正しく使いましょう。

シェアする

フォローする