ピコ太郎「PPAP」週間再生回数が世界一に アリアナ・グランデら抑え

日本でもじわじわ人気が出ていた動画ですが、世界的有名な人気歌手ジャスティン・ビーバーが自身のツイッターで大絶賛したことで予想をはるかに上回る動画再生数が記録されました。1週間の動画再生数が世界一位になったそうで、一番驚いているのは動画を上げた本人かもしれませんね。特別内容は大したことをやっていないくだらない動画なのですが、なんだか笑ってしまう独特の雰囲気があります。記事にはタレントの古坂大魔王に瓜二つとありますが、もうまさに本人で間違いないでしょう。

image

謎のシンガー・ソングライター・ピコ太郎が12日、自身のツイッターを更新。自作のデビュー曲「ペンパイナッポーアッポーペン(通称PPAP)」の動画が、YouTubeで週間再生回数ランキング世界一になったことを報告した。

「皆さんに…大変な報告があります…」と切り出したピコ太郎。「千葉出身…シンガーソングライター、 ピコ太郎のPPAPのビデオが… 一週間の閲覧数… 世界一に…なりました…」と週間閲覧数が世界一になったことを報告し、「ぴぴぴぴぴぴぴぃ」と驚きを表現した。

「PPAP」の動画は、直前の週間再生回数ランキング(9月23~29日集計)で、米人気ユニット「ザ・チェインスモーカーズ」の最新曲「Closer」のミュージックビデオに続く2位を記録。そして、最新のランキング(9月30日~10月6日集計)ではアリアナ・グランデ(23)ら世界的アーティストらを抑えて1位となった。

ピコ太郎は千葉県出身の53歳を自称し、素顔はタレント古坂大魔王(43)にうり二つ。先月下旬にカナダの人気歌手ジャスティン・ビーバー(22)がツイッターで「PPAP」を絶賛したことで、予期せぬ世界的大ヒットを記録している。

シェアする

フォローする