白バイ追跡のバイク男性死亡 国道逆走し別のバイクと衝突事故、線路内に 神戸

白バイの追跡から逃亡したバイクに乗った男性が電柱を支えるワイヤーに激突して死亡したことが分かりました。もう白バイの前で違反をしたのであれば、素直に捕まるがよしです。車ならまだしも、バイクを捲くことはほぼ不可能に近い行為です。なにか絶対に掴まってはいけない理由があったのかもしれませんね。例えば薬の常習者だったり、仮釈放中だったり、色々訳ありだった可能性もあります。しかしこういったことが問題になって警察が責められるようなことになると、犯人の逃亡を許すことになるので、ここはしっかりと職務まっとうをしてほしいです。

image

12日午前7時55分ごろ、神戸市長田区西尻池町3の国道2号で、交通取り締まり中の長田署員が、男性が運転する速度超過違反のバイクを発見。停止を求めたが、バイクは振り切って逃走した。バイクは白バイに追跡され、約7キロ西の同市垂水区塩屋町1の国道2号で反対車線を逆走し、女性が運転する別のバイクと衝突。男性は投げ出され、近くにあった電柱を支えるワイヤーに衝突し、死亡した。男性は20代とみられ、女性もけがを負ったもよう。

同署によると、男性が運転するバイクは、長田区内で制限速度を33キロ上回る時速83キロで走行したと記録されていた。同区内でバイクの制止を求めた同署員も、バイクと接触しけがをしたという。

この事故で、国道2号と並走する山陽電鉄の線路内に男性の遺体が入ったため、約1時間半にわたり、須磨浦公園-霞ケ丘駅間の運行を見合わせ、約1万人に影響した。

長田署の池田公壽副署長は「亡くなった方にお悔やみ申し上げる。詳細は調査中だが、違反車両を停止させるため、必要な追跡行為だったと考えている」などとコメントした。

シェアする

フォローする