中国浙江省で民家4軒突然崩れる 20人超が生き埋めに

以前から中国の手抜き工事は問題になっていますが、今回は4軒が何の前触れもなく突然倒壊し、20人を超える住居者が生き埋めになってしまうという悲惨な事故が起きてしまいました。テレビでも報道されていましたが、手抜き工事で建物の中から材料として見つかるのは段ボールやゴミなど、とても家を建てるのに使う資材とは思えない者ばかりです。こんなもので適当に作った家に住んでいると思うだけで毎日恐怖で眠れません。子の実情を知りながらも住む場所を求める中国人が哀れでなりません。

image

中国浙江省温州市で10日午前4時半(日本時間午前5時半)ごろ、民家4軒が突然崩れ、住人20人以上が生き埋めになった。新華社通信などによると、午後1時現在8人の死亡が確認された。地元消防などが700人態勢で捜索している。

原因は調査中だが、現場は老朽化した民家が集まる地域で、住民が増築を繰り返し、古い家が積み上がるように建っていたという。近くに住む住人は、地元メディアの取材に「部屋全体が揺れて、大きな音がした。外を見たら、建物がぺしゃんこになっていた」と語った。(上海=冨名腰隆)

シェアする

フォローする