指原莉乃が評価される理由 主役ぱるるを輝かせた当意即妙のトーク力

AKB48でセンターの地位を連続で獲得し、堂々たるリーダーの座にいる指原莉乃さん。ただ可愛いというだけでこのセンターの地位に付けるほどアイドル界も甘くないようです。彼女のように頭の回転が速く、バラエティに出演してもスラスラ番組が求めている以上のコメントが出せる力が必要です。ただ可愛いだけのアイドルだったら彼女以上にいくらでもいるはずです。ただ指原莉乃さんがセンターでいることにはそれ以外にも色々と魅力があることが大きいでしょう。

image

指原莉乃(23)のスキルの高さをあらためて確認できるイベントとなった。

AKB48の島崎遥香(22)がグループからの卒業を発表した10月3日の「バイトルNEXT」新CM発表会。この日の主役はもちろん島崎だが、トークの際に隣で巧みな話術を聞かせた指原の名脇役ぶりが光った。

【写真】さっしー、こんなセクシーな表情も

島崎がスタジオジブリの映画の声優を務めるのが夢だと語ると、司会の徳光和夫(75)は指原に「なれるよね?」と質問した。一種のむちゃ振りに感じられたが、一瞬戸惑った後の指原の答えが見事だった。「私はジブリの人じゃないんですけど…」と前置きした上で「太田プロの人間ですが、なれると思います」。たぶん「ジブリの人じゃない」までは言える人もいるだろうが、なかなか「太田プロの人間」を付け加えられるセンスの持ち主はいない。指原の巧みな答えに会場から笑い声が上がった。

島崎は「塩対応」の言葉で知られるように、口が達者の方ではない。徳光との一対一の会話ではすぐに煮詰まってしまうだろう。指原が加わることで会話がスムーズになり、雰囲気も盛りあがる。MCの才能が豊かさが生かされた場面だった。最近、指原が数多くのバラエティー番組に起用されている理由もよく分かった。

指原はこの日、島崎の内面にも踏み込んだ。「この夏に電話で話したんです。こんなに努力や悩みや不安が外に伝わらない子がいるんだなと思いました。本当に不器用な子なんです。今は誤解されやすいけれど、外に出て女優という夢に向かって進んでいくと、みなさんに分かってもらえる時が来るんじゃないかと思います」。口べたな島崎の思いをよく代弁していた。会場はしんみりとしたが、ここで終わらせないところが指原だ。

「1つ約束したんです。AKBのメンバーがいま使っているスリッパが汚いので、それを買い替えてから卒業する、と」。会場からはまた笑いが起きた。スリッパの件はたぶん、この日の控室かどこかで指原と島崎が雑談程度に話したことだったと想像されるが、それを公の場で2人の約束事項として話してしまうところに指原の面白さがある。島崎からも「私より指原さんの方が給料が高いじゃないですか!?」と絶妙なリアクションを引き出した。

その存在感は今後ますます大きくなっていきそうだ。

シェアする

フォローする