橘ひなた

外に出ていると多くの人がいますね。よくショッピングモールでも人間観察をするのが好きで、ただぼーっと椅子に座っていることも苦なく過ごすことができます。その中でもかっこいい人や可愛い人には自然と目が行ってしまうものです。同性異性に関わらず美しいモノを見ていたいというのは、まるで美術品を見ているのと同じような気持ちなのかもしれません。ただただ美しいモノを求めているのです。それを見たからといって何が変わるわけではありませんが、目の保養というか、自分も頑張ろう、少しでも近づけるように努力しようと、意識を高めることに繋がるかもしれません。目が回るほど忙しい日々を過ごしているほど、ゆっくりと周囲の人間を観察するのも楽しいモノです。

image

りかちゃん人形のようで色々な洋服を着せ替えて遊んでみたくなります。

image

小さな女の子は意外と残酷で、髪の毛を短髪にハサミで切り落としたりすることも躊躇しません。

image

洋服一枚で女性の印象は大きく変わります。顔がタイプの女性でも服の趣味が合わなくて諦めることもありますよね。

image

しかしどんな女の子も洋服を脱げば下は皆同じです。

image

口元に小さく開いた穴は、きっと昔口ピアスを開けていたのでしょう。傷跡はなかなか消えません。

シェアする

フォローする