給食に虫など混入=モデル校で19件―兵庫・明石

お料理の中に虫が入っている不運にはたまに遭遇します。食材を収穫するうえで虫がついてしまうのは仕方のないこと、完全に除去するのは難しいこととわかってはいても、実際に自分が食べるお皿の中に虫が入っていたらショックが大きいモノです。食欲が一気に低下して、そのあとは虫が入っているのではないかという疑いがぬぐいきれずに食事をするので、美味しさも半減してしまいます。イナゴなど虫を食べることに抵抗のない人はそこまで気にしないのかもしれませんが、私は子供の頃からイナゴが食卓に置いてあるだけで鳥肌が立っていまし。

image

兵庫県明石市の中学校3校で9月26日~10月6日の間、給食のおかずやご飯に虫やホチキスの針など計19件の異物混入があったことが8日、市教育委員会への取材で分かった。

教職員を含む約1900人が食べたが、健康被害の報告はないという。

市教委によると、同市は2018年4月から全市立中学13校で給食を導入予定で、9月26日から魚住、高丘、大蔵の3中学がモデル校として給食を実施。高丘中学校では同日、中学1年の男子生徒が配膳されたスープの中に2ミリ程度の虫が入っているのに気付いたという。

給食は同日から運用を始めた西部学校給食センター(同市)から配送されており、市教委が混入の経緯を調べている。

シェアする

フォローする