ピース綾部、4月からNY拠点に活動「米国に行って勝負したい」…解散はせず

ピースの売れていない方と言えばすぐにわかってしまうかもしれませんが、綾部祐二さんがNYを拠点にして活動していくことが明らかになりました。相方の又吉は作家としての才能に目が出て、大ヒット作品を生み出し、一躍有名人です。どちらかというとさえない方の人間が有名になってしまいましたね。一方、綾部の方は熟女好きというキャラクターで、バラエティにもチラホラ出演しています。これからニューヨークで新たな自分を発掘したいと考えているのかもしれません。住む場所が変わることで何かが変わることもあるのでしょうか。

image

お笑いコンビ、ピースの綾部祐二(38)が8日、都内で今後についての緊急記者会見を行い、来年4月から米国ニューヨークを拠点に活動することを明らかにした。ピースは解散しない。

相方の又吉直樹(36)には6月ぐらいに意向を伝え「いいんちゃう?」と了解されたという。“活動休止”という意識はないが、頻繁に帰国して活動する方針でもないとのこと。「ピース」としての今後の方針については明言を避けた。

8日のイベント後に行われた会見で綾部は「結構前から決めてまして。どうしても行ってみたいなという思いが強くて。来年40になるんですけど、米国に行って勝負したいなと」と決意に至った理由を説明。ピースは相方の又吉直樹(36)が芥川賞を受賞し“コンビ内格差”が話題となったが「自分はそのままでいいのか、というのが強くなった」と、決断の理由の一つになったという。

英語はまったくできないという綾部。「単語がCのところまでいっていて」というレベルで、文法もまったくだとか。学校に入るかどうかもまだ決めていないが「2年3年かけて英語を取得して。コメディアンとして行って、最終的はハリウッドスターになって1回でいいからレッドカーペットを歩きたい」と野望を明かした。「アメリカでビッグになって帰ってくる、ということです」とざっくりとした目標を語った。

現在レギュラー出演している番組があるが、今夏に米国行きの希望を明かしたところ制作側から快諾されたという。「これからまだ半年ある。お話したことで表向きに動くことができる。この半年の間にいろいろ決めて、準備とか、そういうことはやろうかなと思う」と話していた。

シェアする

フォローする