HV・EV、車接近音を義務化 2018年以降の新型車

電気自動車は走行音やエンジン音が普通の車に比べてかなり小さいことがメリットでもありデメリットでもあります。発売当時はメリットとして売り出されていましたが、車の音が小さいことで通行人が車に気付かなかったり、急に後ろを振り向いたら車が近付いていて驚いてしまうなど、色々な危険があることが分かりました。そこで敢えて騒音が出るモーターを取り付ける対策が取られていましたが、このたびこのモーターの取り付けが義務化されたようです。もう音の静かなハイブリット車が見られなくなると寂しい気持ちもしますが、それだけ私たちが目視で確認することなく音で危険回避をしているということですね。

image

国土交通省は、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、燃料電池車の存在を人工音で知らせる「車両接近通報装置」の搭載を、自動車メーカーに義務づけることを決めた。モーターで走るため走行音が静かすぎて、視覚障害者らが接近に気づかず、危険との声が強まっているため。2018年3月以降に国の認証をとって発売される新型車が対象になる。

音が出る装置自体は、国交省が10年にガイドラインをつくり、普及を促してきた。現行の新車には全てのメーカーで全車標準装備されているという。だが、手動で音を止められるため、作動させていない車も多く、視覚障害者らから「いきなり脇を通過するのでヒヤッとすることがある」との声が出ていた。

18年3月以降の新型車を対象とする新規定では、手動で音を消せなくなるうえ、音量も現在のものより大きなものを義務づける。今月中に、道路運送車両法に基づく車の保安基準を改正する方針だ。

シェアする

フォローする