“印刷して貼るメイク”登場 パナソニックが開発 鏡台で肌状態を分析

メイクは塗るモノから張り付ける物に徐々に変わってくるかもしれません。毎日決まったメイクを肌に塗り付けて、きちんとオフができていなければ年齢と共に汚れは積み重ねられ肌へのダメージはさけられません。それでも一日中スッピンでいる人が肌が綺麗かというとそいうわけでもないのです。やはり最低限のベースメイクをせずに日中外に出ているという事は紫外線からのダメージを肌が直に受けることになるので、難しいところです。そこでパナソニックから肌に直接張り付けてシミを隠すことができるメイクアップシーというというものを開発しているようです。なんだかもう特殊メイクのような世界に足を踏み入れているような気もしますが、更に綺麗な女性があふれる予感がします。

image

肌に直接貼るだけでシミを隠せる「メイクアップシート」を、パナソニックが「CEATEC JAPAN 2016」(10月4~7日、千葉・幕張メッセ)に出展する。ユーザーごとに肌の状態を分析した結果をもとにメイクシートを作成するもので、「“塗る”から“貼る”に、メイクの常識を覆す」(同社)という。

ユーザーが鏡台に座ると、ハーフミラーの向こう側に設置されたカメラが、肌の光の反射度合いなどからシミや毛穴の位置、濃さを検知。それらを隠すためのメイクアップシートを専用のプリンタが印刷し、ほおに貼り付けるだけ――という仕組みだ。シートの印刷には、有機ELテレビの表面にフィルムなどを印刷する同社の技術を転用したという。

メイクアップシートは、外科手術などで内臓の癒着を防ぐために用いる「ナノシート」に、ファンデーションのような化粧顔料を塗布したもの。水を付けて直接肌に貼ればメイクが終わるため、化粧に時間がかからなくなるほか、肌への悪影響もないという。市販のファンデーションと同じく、雨に降られたり、手で引っかいたりするとはがれることもあるが、「貼っても違和感がなく、およそ5~6時間は使える」(説明員)という。

パナソニックの技術戦略部 事業創出推進2課 川口さち子課長は「自分たちの欲しいものを……と考え、スタートしたプロジェクト」と話す。「商業化は考えているが、シートだけを販売するか、プリンタごと販売するか、ビジネス展開を含めて検討中」(川口課長)としている。

シェアする

フォローする