上野動物園の象が妊娠 128年の歴史で初

上野動物園のゾウが妊娠するのは、なんと128年ぶりだそうです。今回の妊娠が順調に進めば、出産は来年の夏ごろになるようなので、また来園数が急激にアップしそうですね。象の子供はお腹の中で100キロ近くまで成長して出てくるようです。元々母親の体が大きいこともありますが、お腹の中に100キロ物を抱えながら生活するのはいくら巨体であっても大変なことでしょう。命を懸けた出産ストーリーが後に聞けたらいいですね。また出産後に、産まれてきた子供を自分の子供として受け入れられない母親像もいるようです。なんだか人間と一緒ですね。こういった場合は小象が踏みつぶされてしまう危険性を考えて園で保護するようなのですが、やはり子供には母親が必要なようです。

image

かつて、武田鉄矢が主演した映画「子象物語」の副題は、“地上に降りた天使”だが、上野動物園では、このほど、1888年の飼育開始以来の念願が叶って、象が初めての妊娠。“天使”の誕生に向けて、あと、もう一歩なのである。

今回、妊娠したのは、18歳のアジアゾウ、ウタイ。お相手は、同じ上野動物園で飼育されているアティ19歳で、ともに、02年、敬宮愛子さまの誕生を祝して、タイ王室から日本国民に贈られた象たちだ。

恩賜上野動物園教育普及課の金子美香子課長が言う。

「パンダの発情は年に一度ですが、象は約20週間隔です。普段は、オスとメスで分離して飼育していますが、メスが発情すると、まずは柵越しに“お見合い”をします。そこで、息が合うと同居させるのです」

今回の妊娠は、昨年10月。ウタイが発情し、交尾を行うと、その後、血中のホルモン値に妊娠の兆候が。さらに、今年7月に超音波画像で胎児の姿が確認された。

それにしても、国内を代表する上野動物園で、象の繁殖が初だとは意外である。実は、アジアゾウは飼育管理下での繁殖が、国内でも10頭しか誕生例がないほど、世界的に見ても極めて難しい。というのも、

「牛などの家畜でしたら、人工妊娠が一般ですが、象は精液を採るのも、大きいゆえに困難なのです。麻酔をかけるにしても、長く眠らせると呼吸不全で死んでしまいかねないからです」(同)

そのためには、頑張って交尾に励んでもらうしかないのだが、

「やはり、象にも相性というのが、あるようなんですね。これまでも長らく繁殖を試みてきたんですが、発情して同居させても、相性が悪いと、マウントできなかったり、交尾まで行かないケースもあるのです」(同)

妊娠しても、死産ということだってある。油断はできないが、上手く行けば、来年夏には子象の誕生だ。妊娠期間も長いゾー。

「週刊新潮」2016年9月29日号 掲載

シェアする

フォローする