大阪のすし店、外国人客に過剰わさび ネット炎上で謝罪

大坂にある「市場ずし難波店」で外国人客に確認もせず、通常のわさびの量よりも多く入れたお寿司を提供していたとして苦情が殺到したようです。なぜこんな罰ゲームのようなことをしていたかというと、過去に来店していた外国人客からわさびの量を増やしてくれるように注文を受けることが多かったため、今では確認もせず外国人というだけでわさびを増量していたようです。例えば同じ日本人だからと言って皆味覚が同じわけではありません。ここは一人一人に確認をとるべきでしたね。今後は別にわさびを盛るなどして、サービスを向上させていくようです。

image

大阪・ミナミのすし店「市場ずし難波店」(大阪市中央区難波3丁目)で、外国人客に対してわさびを多めに入れたすしを提供していたとして、店を経営する藤井食品(大阪府茨木市)は2日、店のホームページに謝罪文を掲載した。インターネット上で「日本語のできない客への嫌がらせ。人種差別だ」などの批判が相次いでいたが、同社は「差別的な意図は全くない」と否定している。

難波店によると、外国人客からわさびの増量を求められることが多かったため、1~2年前から事前に確認せずにわさびを増量していたという。同店には1日以降、批判の電話や無言電話が数十件寄せられていた。今後はすしに別添えする方式に切り替える。

ホームページでは「インターネット各所にてお騒がせ致しましたことをお詫(わ)び申し上げます」と謝罪し、「わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」としている。

シェアする

フォローする