家事育児をしない「九州男児」を啓発 動画「知事が妊婦に。」の裏側を聞いた

九州ではまだ亭主関白の文化が根強く残っている地域のようで、男は外で働き、女は家のこと一切を完璧にこなして、男のやることに口を出すな!という傾向があるのかもしれません。今の時代ではこいういった男子はモテませんが、小さい頃から育った環境はなかなか染みこんで離れないモノで、自分の親を見ながら育つと、自分も大きくなってからおなじようにふるまってしまうものです。虐待されて育った子供や、おなじように自分の子供に虐待してしまうケースが多いのも影響を受けている証拠です。お互いに言えることですが、相手の立場を考えて思いやりを持ちながら持ちつ持たれつの関係を築いていけたら理想的ですね。

image

夫は仕事に専念し、妻ばかりに家事や育児を負担させる。

そんな現状を打破しようと、九州と山口の各県と経済界が作成、公開した動画「知事が妊婦に。」がインターネット上で話題になっている。

BuzzFeed Japanは、プロジェクトを担当する佐賀県の男女参画・こども局こども未来課に、作成過程の裏側を聞いた。【鈴木貫太郎 / BuzzFeed Japan】
「九州男児」は家事をしない、という
国際社会調査プログラム(ISSP)の調査では、日本の夫は世界的に見て、家事育児の時間が短い。

佐賀県こども未来課によると、九州・山口地域の男性は、家事や育児に関わる時間が全国平均よりもさらに短く、妻は夫に比べ約7倍働いているというデータもある。

そんな「世界一家事育児をしない男たち」に向けて、動画「知事が妊婦に。」は作られた。「仕事と生活の両立」の大切さを伝え、子育てに優しい職場作りを啓発するためだ。

官民一体となって九州地域の発展を推進する「九州地域戦略会議」は2014年、男性の育児・家事参加を促進するため、プロジェクト「九州・山口ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン」を立ち上げた。

佐賀県が事務局となって、啓発動画やポスターの制作を手掛けた。

ウェブ動画制作には、今年7月~9月の約3か月を要した。予算は900万円。各県が100万円ずつ負担したという。

シェアする

フォローする