小林麻央「奇跡はまだ先にある」がん一部切除手術

一部のがんを切除する手術を受けた小林麻央さん。この手術では根本治療が目的ではなく、痛みやストレスを少しでも軽減させるための手術のようで、まだまだ病状が深刻であることに変わりはなさそうです。というよりも今まさに生きていることが奇跡のようだと周囲の日とも言っているくらいなので、一日一日を大切にしてほしいですね。まだ若く綺麗な小林麻央さんがこんなところで病気に負けてこの世に未練を残しながらいなくなってしまうのは悔しすぎますね。闘病生活の痛みは本当に辛いと言います、毎日毎日が戦いで安らぎの時間はほんの一瞬。それでもまだ生きていたいと思えるのは温かい家族がそばで応援してくれているからでしょう。

image

乳がん闘病中の小林麻央(34)が1日、手術を受けたことを明かした。この日更新したブログで、「病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました。術後、徐々に回復してきたため、ご報告させていただきます。私の場合、根治手術ではなく、局所コントロール、QOLのための手術です」と報告した。

さらに「一時は、胸や脇の状況が深刻になってしまったため、手術さえも選択にありませんでした。手術をしたからといって、肺や骨にがんは残っており、痛みもあるので、これからが闘いです。なので、心からの喜びとまではいきません。が、先生方が大きな手術にチャレンジしてくださったことは、大いに大いに喜んで、心からの感謝をしています」とつづった。

医療関係者によると、局所コントロール手術は、現状のQOL(Quality of lifeの略で、生活の質の意味)を落とさずに守っていくための手術という。ブログではどこを手術したのか、時期なども明かしていないが、同関係者は「ブログを読む限りでは、乳がんの患部(乳腺)や、転移した脇のリンパ節などを切除したことは間違いないでしょう。ただ、根治のためではなく、痛みなどのストレスを緩和することが目的でしょう」と説明した。

麻央はブログで「まわりの皆は、ここまでこられたことが奇跡だと言ってくれますが、奇跡をここでは使いたくないです。奇跡はまだ先にあると信じています」と完全回復への強い思いを明かした。

麻央の乳がんは今年6月に夫の市川海老蔵(38)が会見で明かし、「今後、手術する方向」と話していた。実際に手術したことを発表したのは今回が初めて。

<ブログによる小林麻央の乳がん闘病>

▼14年2月 海老蔵と人間ドックを受診。左乳房に腫瘍があることが分かり、がんの確率は50%と診断される。後日、再検査もがんとは診断されず、念のため半年後に再検査と言われる。

▼同8月 半年たつも、多忙のため再検査を受けられず。

▼同10月 左胸のしこりに気がつき、その場で検査を予約。

▼同月11日 検査日。脇にもしこりが発覚し「95%がん」と言われる。

▼同21日 がんの告知を受ける。脇とリンパ節に転移していた。その後、肺や骨などにも転移。

シェアする

フォローする