篠乃なつき

友人の結婚式、とても嬉しく喜ばしいことですが、ここで余興や司会など当日色々と動き回らなければならない重要な任務を任されると、結婚式というものが徐々に重たい行事に思えてきます。また余興は久しぶりに会う友達と息を合わせて時間などの調整も難しく、ここで揉める仲間割れも多いでしょう。こういった裏事情を知っていると、自分の結婚式は身内だけでひっそりやろうかなという考えも浮上してきます。親戚だけの小さな結婚式なら余興などやらずに本当に祝福してくれる少人数だけでできるし、誰からも愚痴がでないので私ももし式を挙げるのであれば小さな結婚式がいいなと思っています。

image

なんだか一見狐に憑りつかれた感が強いお姉さんですが、憑依されているわけではないのかな?

image

同性から見るとまだまだ削れそうなボディですが、男性目線からするとこのくらいむっちりの方が好きなのかもしれません。

image

困っている人に手を差し伸べてくれそうな優しい目をしています。

image

洋服の上からでもボリュームのある胸が強調され、目の前で透視してみたくなります。

image

この深い谷間に顔を突っ込んで眠りにつくことができたらどんなに幸せだろう。

シェアする

フォローする