最大級の恐竜足跡=1メートル超、ゴビ砂漠で発見―岡山理大

モンゴルで1メートル超の恐竜の足跡が発見されたそうです。足跡の化石は非常に珍しく貴重なもののようで、こうしてキレイに残っているのは稀のようです。遠い昔にはこれだけ大きな足跡を残す恐竜が当たり前のように存在していたのが信じられませんね。もしもこの世界に人間がいたとしたら、捕食される側の存在になっていたことでしょう。今では天敵と呼ばれるものはウイルス位なもので、私たちの生存を脅かすものはいません。この先にそういった生物が現れる日が来るかもしれませんね。

image

モンゴル・ゴビ砂漠の白亜紀後期(7000万~9000万年前)の地層から、長さが1メートルを超える恐竜の足跡の化石が見つかったと、岡山理科大学が29日発表した。

1メートル超の足跡の化石は世界でも報告例が少なく、非常に珍しいという。

同大の石垣忍教授(61)らは8月、モンゴル科学アカデミー古生物学地質学研究所と共同調査を実施。ゴビ砂漠南東部の地層で、恐竜の左後ろ足の跡を発見した。長さが1メートル6センチあり、形状から四足歩行で首や尾が長いのが特徴のティタノサウルスの仲間とみられ、体長は20~30メートルと推定される。

1メートルを超える足跡の化石はモロッコなどで報告例があるが、保存状態が良くなく、実際の大きさを正確に反映していない可能性が高いという。今回発掘された化石は、爪の跡や足の形が正確に残されていた。

シェアする

フォローする