「溺れる顔見たかった」釣り人を海に突き落とし…男子中学生4人を補導 大阪府警

「溺れる顔見たかった」などと言って、釣り人を海に突き落とした少年4人が逮捕されました。人を海に突き落としておいて、その理由がこんなくだらないことだったなんて、他人事ながら怒りがこみ上げてきます。歪んだ考えを持った青少年がこんなにもいることに、日本の未来が心配です。なんとか大人になるまでに考えを改め更生し、何時かはこの時のことを思い出して、自分が恥ずべき鼓動をしていたと後悔してくれたらいいのですが、少なくても落とされてしまった釣り人が無事で何よりです。

image

大阪府岸和田市と忠岡町の突堤で今月19日、釣り人2人が相次いで海に突き落とされた事件で、大阪府警は30日、傷害と暴行の非行内容で、いずれも同府内に住む12~13歳の男子中学生4人を補導し、うち3人を児童相談所に送致したと発表した。全員が突き落としたことを認めており、「人が海に落ちる瞬間やびっくりする顔、溺れる顔を見て楽しもうと思った」などと供述しているという。

府警によると、4人は19日午前6時~7時、同府岸和田市木材町と忠岡町新浜の突堤で、釣りをしていた同府和泉市の男子中学生(13)と同府八尾市の男性会社員(56)の背中などを突き飛ばして海中に落とし、男性会社員の首や腰に全治2週間のけがをさせた疑いが持たれている。男子中学生にけがはなかった。突き落とされた2人はいずれも自力で陸に上がった。

近くのコンビニエンスストアの防犯カメラなどから、少年らの関与が浮上したという。

シェアする

フォローする