紀香&愛之助 披露宴でドレスなし 梨園の妻の姿勢貫く

藤原紀香さんほどの美しい女優さんのウェディングドレス姿はぜひお目にかかりたいものでしたが、このたびの片岡愛之助さんとの挙式ではドレスを切ることなく和装の着物でお披露目となりました。一度目の結婚式では着ていたので、ウェディングドレスを着るという女性の夢は既に叶えられているのかもしれません。どんなお召し物をきたとしても彼女の美貌はさらに輝きを増して、式に現れた参列者たちを釘付けにしたことでしょう。引き出物はさすがは芸能人と言ったところでしょうか。一つ8万円もする水素水の機械が送られてきたようです。この式に出席するためにお祝い金というのはどのくらい包むのが常識なのでしょうか。やはり一般に行われる結婚式の金額よりも倍以上するのでしょう。

image

歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と、女優の藤原紀香(45)夫妻が28日、都内のホテルで結婚披露宴を行い、尾上菊五郎、尾上菊之助、松本幸四郎、市川海老蔵、中村獅童、中村勘九郎、中村七之助ら歌舞伎関係者や三谷幸喜氏ら著名人・芸能人を含めて約600人が出席した。

3月に入籍後も、愛之助が出演する公演などに随行してこなかった紀香にとっては、この日が実質的な梨園の妻デビュー。それでも紀香のお色直しは1回で和装のみ。ウエディングドレス姿の披露もなく、“梨園の妻”として一歩引いた姿勢を貫いた。

愛之助も、開宴に先立った会見で披露宴の趣旨を「妻を役者の先輩方、後輩、ごひいきの方に紹介するというのが主です」と説明。その言葉通り、花嫁衣装の象徴であるウエディングドレスは着ず、23日に京都市内で行った挙式で着用した白無垢の作者である友禅作家の秋山章氏が手がけた手描き友禅2着を着用したのみだった。

演出面も、愛之助の立場を重んじたものが中心となった。「六代目片岡愛之助」にちなみ、ウエディングケーキは6段重ね。引き出物も、歌舞伎の定式幕がデザインされた水素発生器など5種類が用意された。

愛之助は、23日に京都市内で行った挙式の際に交換した結婚指輪に「吾が君を想う 来世迄も」とプロポーズの言葉を刻んだことを告白。感想を問われた紀香は「うれしいです」とほほ笑んだ。

披露宴では、歌手の大黒摩季(46)が、この日のために書き下ろした未発表曲「スポットライト」と、ヒット曲「ら・ら・ら」を歌唱。また、京都・祇園甲部の芸妓による慶事の伝統芸「手打」が披露されるなど、華やかな雰囲気で行われた。

シェアする

フォローする