<国交省>建設現場に洋式トイレ義務化 女性も快適に

こちらのニュースを見て一番の感想は“やっとか”という思いです。これだけ多くの洋式トイレが普及しているのにもかかわらず、どうして仮設トイレは和式が普及しているのだろうと疑問に思っていました。というのも個人的にはもう和式便座は覚えていないくらい使っていません。どんなに尿意を感じていても和式しかないと思うと時間がかかっても洋式トイレを探すようにしています。どうも衛生的に受け入れられないのです。昔の日本は和式タイプしかなかったというのにおかしな話ですね。しかし今の若い世代の中には和式トイレの使い方を分からない子供もたくさんいます。それでもまだ小中高と和式トイレが残っているのです。学校に上がる前に和式トイレの使い方を教えなければいけないということに不満を感じます。早く学校関係でも洋式トイレを採用してほしいです。

image

国土交通省は、同省から土木工事を受注した建設業者に対し、水洗機能が付いた洋式の仮設トイレを作業現場に設置することを義務付ける。「快適トイレ」と名付け、10月以降に入札手続きをする工事に適用する。女性が働きやすい建設現場にするのが目的だが、洋式の需要を高めることでレンタル業界での備蓄を進め、ひいては災害時に活用できるようにする「一石二鳥」を狙う。

【TOTO工場見学】便器のなめらかさ、職人の技

建設現場で働く女性の割合は、2012年の国の調査で3%、約10万人にとどまっている。高齢化に伴う人手不足のなか、国交省や業界は女性を重要な担い手と位置付け、19年までに倍増させようとしている。しかし建設現場のトイレは、靴についた泥などで服が汚れやすいのに、和式が中心で女性に敬遠されてきた。

国交省は昨年度、建設現場に洋式トイレを試験導入した。トイレの前に目隠しのついたてを置いたり、消臭対策や鏡を設置したりしたところ、男女問わず「快適だ」と高評価だった。ただ、洋式のレンタル料金は月3万~5万円と和式の5000~1万5000円に比べて割高だ。このため国がトイレ1基当たり上限4万5000円を補助して普及を後押しすることにした。

一方、災害時に避難所で設置される仮設トイレは和式がほとんどだ。女性だけでなく、足腰が弱い高齢者や和式に慣れない子どもたちから「使いづらい」と問題視されてきた。

NPO法人日本トイレ研究所(東京都港区)の加藤篤・代表理事によると、熊本地震の被災地では、しゃがむことが困難な高齢者が和式便器に直接座ってしまうケースがみられたという。加藤さんは「衛生面からも尊厳の面からも問題だ」と指摘する。

大手仮設トイレメーカーで貸し出しもする「日野興業」(千葉県市川市)の担当者は「レンタル用の9割超が和式。洋式のニーズが増えて稼働率が上がれば自然に備蓄が進み、避難所でも洋式が使われるようになるはず」と国交省の取り組みに期待する。【山田麻未】

シェアする

フォローする