陽菜

“悪の教典”という漫画の原作を読んでから伊藤英明さんが演じる、この本を映画化したものが気になっていました。漫画の中ではサイコパスによる大量殺人が描かれているので、グロすぎて見れないかななんて思っていたのですが、ジャズ風の音楽に合わせて、次々と人が散弾銃で撃たれていくので、途中からちょっとギャクのような雰囲気すら感じます。またバッとでてくるようなビックリする場面もないので、蚤の心臓の私でも落ち着いてみることができました(笑)こいうった人の気持ちに共感できないサイコパスが日常的に潜んでいると思うと怖くなりますね。

image

バレリーナは柔軟性が命、いつも体を伸ばしてレッスンを怠りません。

image

しかしこの練習風景は男性に見せては危険かもしれませんね。

image

股裂き状態の体位が続いていますが、見ているだけで股関節が痛くなってきました(笑)

image

普段からストレッチ血ていない人がこの態勢をやったら一気に腰を痛めるのでやめましょう。

image

それにしてもしなやかな体は女性らしい美しい曲線美を作り出すので、見ていて気持ちがいいですね。

シェアする

フォローする