椎名ひかる

昔のフランスでは貴族と平民にわけられ、同じ人間にもかかわらず貴族には青い血が流れ、平民には赤い血が流れていて別の生き物と思われていました。なので貴族は豪華な暮らしをしていましたが、平民は食べる物もなく毎日多くの餓死者や出ていたそうです。小数人数に派手な暮らしをさせて、その横で大量の人間が無くなっていく姿は今では考えられませんが、昔ではこれが当たり前だったようです。その中でマリーアントワネットが発した、“パンがなければケーキを食べればいい”という言葉が平民の胸に突き刺さったのでしょう。しかし世間知らずのお嬢様、あまり平民の生活の実情を知らなかったのかもしれませんね。

image

おへそが丸見えになるほどのショートトップス、スタイルが良くないと着れません。

image

少女のような衣装とは一転し、これはまたセクシーな大人の女性の魅力を引き立てるワンピースです。

image

セクシー過ぎる下からのショットに彼女がワインを見ながら見下している姿に痺れます。

image

こんなウェイトレスの働くレストランなら手持ちがなくても通い詰めてしまいそうです。

image

水着の上から縛られると、大きなバストがさらに強調されて、縄の隙間からはみ出しています。

シェアする

フォローする