兵庫県議、政活費で二日酔いドリンク 3本880円

どこまでを政治活動費として使うかは個人の判断にゆだねられるような気もしますが、こういった細かな領収書一つ一つ調べ上げられると思うと、買い物の後に領収書を切ってもらう時に少し悩んでしまいそうですね。しかし二日酔いドリンクは完全にアウトでしょう。全く政治活動に関係ない商品と言えます。というよりもよくもこの領収書をそのまま保管しておけたなと思います。たかだか880円ほどの領収書だとしても、こういうことが日常的に行われているのであれば、政治活動をしている人数を考えてもかなりの費用がムダ金につぎ込まれていることになります。綺麗な政治家がレアもののようにならないように国民の代表に立っていることを忘れず業務に取り組んでほしいモノです。

image

兵庫県議会の長岡壮寿議員(55)=自民党、赤穂市・赤穂郡・佐用郡選出=が2012年に政務活動費(政活費)で、二日酔いに効くとされるドリンク剤を購入していたことが26日分かった。ドリンク剤3本計880円で、「計上ミス」として近く返金する考えという。

購入は12年11月。情報公開された政活費の資料を見た人から、約1年前に不適切と指摘されたという。長岡議員は「対応が遅くなり申し訳ありません。今後気を付けてまいります」としている。

兵庫県議会では14年6月、野々村竜太郎議員(当時)=詐欺罪などで有罪確定=が政活費で架空の日帰り出張を繰り返した疑惑が発覚。今年7月から領収書などのインターネット公開を始めた。(黒田勝俊)

シェアする

フォローする