事故死の若きエース 「16」がマーリンズの永久欠番に 球団オーナー示唆

大活躍中であったホセ・フェルナンデス投手が事故死してしまったことで、チーム全体の表情も暗い中試合が行われました。彼の空席を悲しむファンも集まったことでしょう。彼が背負っていたナンバー16は今後誰も付けることはないだろうと、永久欠番を宣言しています。こうして何十年経ってもこの背番号を見るたびに彼のことを思い出せます。永久欠番と言いう形でみんなの記憶に残ることができたのは、彼が偉業を成し遂げていて証です。まだ若い選手がこういう形で球場から姿を消すことになったのはとても残念です。

image

「マーリンズ-メッツ」(26日、マイアミ)

マーリンズの若きエース、ホセ・フェルナンデス投手(享年24)の事故死から一夜明けたこの日、全体練習前のクラブハウスではチームミーティングを開かれ、フィールド上に姿を見せた選手たちは一様に硬い表情で2日ぶりの試合に備えた。

場内の大型スクリーンには同投手の背番号「16」が映し出され、練習中はマウンド上に同投手が使用していた帽子とグローブを置かれた。

チームメートのゴードンは本拠地の練習では掛けることのないサングラスをして、胸に「RIP(安らかに眠りください)」が入ったTシャツを着用。ディートリックは帽子に同投手のイニシャル「JDF」と「16」をペンで書き入れるなど、思い思いの形で哀悼の意を表した。

ベンチスタートのイチローは、いつもと同じスタイルで黙々と練習メニューをこなした。

試合前のベンチで取材に応じたサムソン球団社長は、この日の試合で選手、首脳陣全員が背中に「16」と「FERNANDEZ」の入ったユニホームを着用してプレーすること、27日以降は袖に特製ワッペンのついたユニホームを使用することを発表。プレーボール直前に選手たちがフィールドに姿を見せると、観客席から大きな拍手が起こった。

前日の緊急会見には出席せず、声明文で哀悼の意を表したローリエ球団オーナーは試合前に取材に応じ、「球団にとって大きな損失だが、前に進むしかない」とコメント。さらに「16のユニホームを再び、着る選手はいないだろう」と「16」を永久欠番にする意向を示した。

球場周辺の一角には献花コーナーが設けられ、ファンたちが長蛇の列をなし、メッセージボードに惜別の言葉を書き込んだ。

シェアする

フォローする