水泳授業で飛び込み、生徒が首の骨折る

一部では飛び込みの授業を禁止している学校もありますが、まだ高校では禁止事項に放っていなかったようで、飛び込みを行った男子生徒が首の骨を折るという重症を負ってしまいました。確かに飛込みをするには学校のプールは水深が浅すぎますね。優良プールであっても飛込み用のプールというのは水深が2メートル以上あるのが普通なのに対し、学校ではせいぜい1.5メートルがいいところでしょうか。余談ですが私は学生の頃水泳の授業が大の苦手で中学三年間は一度も入りませんでした(笑)

image

東京・江東区の高校で今年7月、水泳の授業中にプールに飛び込んだ男子生徒が首の骨を折る大けがをしていたことがわかりました。

都の教育委員会によりますと、今年7月、江東区にある都立墨田工業高校で、水泳の授業中に高校3年の男子生徒(18)がプールに飛び込みました。その際、男子生徒はプールの底に頭を打ち、首の骨を折る重傷を負い、現在も胸から下がまひした状態です。

指導していたのは43歳の保健体育の男性教諭で、教育委員会の事情聴取に対し、「危険な行為をしてしまった」と話しているということです。

文部科学省は、2012年度から小中学校の授業では飛び込みを禁止していますが、高校の授業については禁止せず、段階的に指導するよう定めています。(27日11:03)

シェアする

フォローする